Adultdollへようこそ!お客様に安価・高品質なラブドールを安心してお買い求めください
ラブドール 最高級 人気 ダッチワイフのネットショップ店

ラブドールの日常に保管方法を説明

ラブドールは保管方法によって大きく品質の状態が変わってきます。

1.あおむけの状態で寝かせて保管する 
一点に重みを集中させるとラブドールにかかる負担が大きいので、あおむけにしてあげることで全体の重みが分散されて負担を軽減できます。

注意して欲しい点として、硬い床の上に直接、置かないようにしましょう。

硬い床に直接、置くとお尻のような柔らかい部分に集中して重みがかかります。それによって、お尻が変形してしまうというリスクがあります。

そのため、あおむけに寝かせて保管する場合は、高反発マットレスなどを下に敷いてあげましょう。

高反発マットレスを利用すると、身体の沈み込みを均等に持ち上げ全身をバランスよく支えてラブドールの頭・腰・肩・背中への負担が掛からず、変形するリスクを大幅に軽減できます。

ラブドールを寝かせた状態で保管する場合、一番よくあるパターンがベットの下に保管しておくというパターンです。しかし、ベットの下に保管しておくだけでは友達や家族にラブドールがバレてしまうというリスクもあります。友達が遊びに来た時、または仕事に集中したくて今はラブドールから目を離したいという方に便利なものが収納ソファーです。収納ソファーの場合、普段は普通にソファーとして利用できますし、友達が遊びに来た時もソファーだと違和感を持たれません。念のため鍵付きの収納ソファーを買いましょう。鍵付きなら友達が家に来た時にヒヤヒヤする心配はないので。

2.専用フックで吊り下げて保管する
「ラブドールを横に寝かせるスペースがない」という方におすすめなのが、専用フックです。

専用フックにラブドールを吊り下げることで、フックにだけ荷重がかかりラブドールには一切、負担がかからない保管ができます。

フックはラブドールの重さに耐えられる必要があるので、できればラブドール専用のフックが望ましいです。

また、重たいラブドールを長時間吊り下げると首を痛めてしまうリスクもあるので、首を外してヘッドスタンドに首を置いておくか、吊り下げている時、足元に何か物を置いて力を配分してあげるなどの工夫もしてあげましょう。

また、専用フックだけでなく、吊り下げるための高強度のハンガーラック(ラブドールの重さに耐えられる)も必要なことを忘れないようにしましょう。

3.立たせた状態で保管する
ラブドールは立たせた状態で保管することも可能です。

しかし、条件があり、立たせた状態で保管できるのは自立加工のあるラブドールのみです。

自立加工のあるラブドールとは、そのままの意味で「立たすことができるラブドール」のことです。

ラブドールを購入する際にオプションとして取り入れることができます。

自立加工の場合、ラブドールの重さが足の裏の金属部分に集中するので、他の部分に体重がかからなくなり、ボディの変形などによる劣化は少なくなります。

比較的長い期間、自立したままにしておいても大丈夫ですので、それほど頻繁にセックスをしない方におすすめです。

また、立たせておくことでラブドールをずっと眺めることができるので、目の保養になるのも大きなメリットでしょう。

自立加工のラブドールの最大のデメリットとも言えるのが、足の裏の金属で床などが傷付いてしまうかもしれないという点です。

4.座った状態で保管する
ラブドールを座らせた状態で保管する方法もあります。

しかし、座らせた状態で保管するとお尻、太もも、腰、膝に大きな負荷をかけてしまうので長時間座らせて保管することはやめましょう。座らせて保管できる期間は長くても2日間だと言われています。もし、座らせて保管したいのであればクッションなどを椅子に敷いてあげたり、リクライニングのような姿勢で座らせてあげると負担は軽減されます。